アトリエボーヌ 丸山保博建築研究所

西欧の手法と和の心を取り入れ手づくりの良さを生かしながら心やすらぐ情緒的完成度の高い建築を提案していくアトリエです。
高収益の賃貸経営を実現する建築相談会はこちら
  • TOP
  • > 仕事の流れ

建築企画コンサルタント業務・建築・リフォーム・設計監理業務・ガーデニング業務・メンテナンス対応業務

あくまでクライアントの要望・夢をご一緒に実現する立場に立って、調査・設計から施工業者との間に立って企画・設計監理、お引渡し・アフターまで担当させて頂きます。

お打合せを含めた仕事の流れは基本的には以下のようになります。

  • 1. ヒアリング・調査依頼
  • 2. コンセプト・ラフプラン提案
  • 3. 設計監理契約
  • 4. 基本設計・実施設計・詳細打合せ(約2~10ヶ月)
  • 5. 見積もり・施工業者選定(約1~2か月)
  • 6. 工事監理・竣工引渡
  • 7. アフター

1. ヒアリング・調査依頼

ご連絡を頂き、建物に係わる土地等のこと、設計や建設にかかる費用や期間、その流れ等も含め、建物への思い、要望、夢をお聞かせ願います。
そこからがスタートになります。場合によりましては、敷地の現況の調査もさせて頂きます。

2. コンセプト・ラフプラン提案

ご希望の建物のイメージを本当に簡単なスケッチやラフ模型などでご提案させて頂き、基本的なところを双方で確認し合います。

3. 設計監理契約

上記の基本コンセプトに基づいた、ラフなスケッチや模型、そして、建物の完成までのスケジュール、並びに設計監理料を含めた建設目標予算の3点をもちまして、建物の完成までの監理を含めた設計監理契約を結ばせて頂きます。
なお、設計監理料は協会等による報酬算定が基本とはなりますが、全体の予算等もあり双方で打合せ、調整と致します。

建物の種類内容にもよりますが、おおむね総工事費の10~20%をご想定下さい。

4. 基本設計・実施設計・詳細打合せ

構造、設備、そして関係法規等を考慮しながら、これまでに双方で打合せ、まとめたイメージを段々と詳細にわたり図面化していきます。
内外部の仕上も含め色等は別ですが、施工会社が見積もりが出来るよう細かな部分まで図面化します。
現場に入ってからの設計変更はかえって時間と費用があとで追加となりやすくなる為、この作業は打合せも含め少々時間はかかりますが、とても重要なものとなります。
又、定められた社会的な許認可を得る為に、並行して確認申請等の業務を行います。
各種申請の為の手数料や申請図書作成費等発生致しますが、これらが設計監理契約の金額の中に含まれるかどうかは申請の内容にもよりその段階でご説明させて頂くように致します。

5. 見積もり・施工業者選定

出来上がった図面を双方で話し合いの上、施工業者を数社選定し、見積もりを依頼します。
金額その他総合的に判断し双方で話し合い、業者を選定します。
なお、業者より提出された金額と予算に開きがある場合は、設計変更や予算の調整を行なう場合もあります。
双方で選定した施工業者とクライアントとの間で工事契約を結んで頂きます。
なお、当方は工事監理者として記名・押印致します。

6. 工事監理・竣工引渡

定期的に現場定例打合せを設け、現場が図面通りになっているか、工程に遅れは出ていないか、的確な現場管理、運営を行っているか等全てにおいて監理します。
最後に公官庁の完了検査等の後、最終検査を行い、その後にクライアントの検査をして頂き、確認の上建物の引渡しになります。
カギの引渡しや各種の取り扱い説明を行います。

7. アフターフォロー

建物が完成した後も双方の話し合いの上建物の検査を行います。
又、いつでもお気づきの時に御連絡頂ければ、出来る範囲で出向き、確認致します。

PAGE TOP