アトリエボーヌ 丸山保博建築研究所

西欧の手法と和の心を取り入れ手づくりの良さを生かしながら心やすらぐ情緒的完成度の高い建築を提案していくアトリエです。
高収益の賃貸経営を実現する建築相談会はこちら
  • TOP >
  • WORKS >
  • CASA DE ATRIO (カーサ デ アトリオ)

CASA DE ATRIO (カーサ デ アトリオ)

写真撮影 石井雅義

前面道路からの全景

中庭全景。各住戸のそして建物全体のアプローチであるとともに大きな玄関となり、光や風を取り込む庭でもある。右手に見える庇は西洋田舎風の茶室。

茶室内部よりの中庭。 この場所で、以前お煎餅店を営んでいた頃使用していたひき臼を飛び石に転用。


中庭見下し夜景。3階より見る。

中庭よりEVホールを見る。

共用階段室内観。壁は生石灰入土壁。


籐巻きの特製引き手

賃貸部玄関土間と中庭に面した窓。生石灰入土壁、自然石塗込。

中庭に開いた賃貸部玄関及び部屋


3階広間。壁は生石灰入土壁。

3階和室。中庭からさし込む陽射し。

3階子供室。全ての部屋が中庭に開かれている。


建物概要

所在地 東京都杉並区高円寺
用途 賃貸集合住宅+施主用住宅
竣工 2004年9月
規模 鉄筋コンクリート造地上3階
延床面積 379.76㎡
掲載誌 ‘05年 「左官教室 2月号」
‘06年 「日経アーキテクチュア 9-11号」

中庭を持つ東京のまちのなかの集合住宅である。まちに集まって住む、生活を楽しむ事に建築がどこまで積極的に寄与できるか、という思いで設計した。西洋の集合住宅の典型である中庭をより有効に活用したつもりである。又同様の趣旨により自然素材を多用している。この中庭はこの建物にとって多種多様な役割を果たす。建物へのアプローチであり、各住戸のそして建物全体の大きな玄関であり又庭でもある。その中庭の片隅に設けた西洋田舎風の茶室は、各住戸の客室であり応接間であり又時には中庭の上空からの絞られた光をめでながら各人が心静めて過ごす場所ともなる。その中庭を意識して、南北に風や光の通り抜ける各住戸のプランとした。3階はこの建物の所有者の住宅であり、やはりここでもこの中庭に対して開かれたプランとなっている。中庭を囲むようにしてプラントボックスを配し、四季の草花やつたを植え、水平に張られたワイヤーメッシュにより導かれ成長したそのつたは、上下階の連続性を保ちながら心地よく区切ることになる。 空、雨、風、水、緑、そして建物の仕上げでもある石、木、土等の自然の素材を共有する中庭となった。なお外壁、内壁には栃木の葛生の土を使用した。関東にも若干のシリカ分を含んだ「まさ土」があると聞き、早速取り寄せて見本塗りをした所、充分な粘性、強さがあり石灰岩の小石混じりの土をそのまま使用した。「若い土」である。駒形石灰の横塚氏の配慮もあり、身近に壁土を手に入れることが出来、見事に仕上がった壁を前にして、現場での責任施工の苦労もあったが、喜びもそれ以上であった。

PAGE TOP